骨と腰痛 腰痛と膝の痛みの解消について悩むなら勉強しましょう

2009年08月18日

骨と腰痛

腰痛で悩んでいる人は、思っているより多いものです。腰痛対策をして、いやな腰痛にならないようにしたいですね。腰痛の症状としては、しびれや痛み、ひどい場合は排尿ができなくなることもありますが、腰痛対策をする前に原因が何かをしっかり知っておく必要があります。腰痛の原因というと、最近では精神的なストレスも原因になるということがわかっています。もちろん、一般的な原因としては背骨にある場合が多く、内臓に異常がある場合もあります。若い人でも腰痛で悩む人は多いですが、脊椎分離症と呼ばれ、激しいスポーツをする人によく見られます。長い時間同じ姿勢で立っていることにより痛みが増すことが多いのも特徴です。内臓の病気が原因で腰痛が起きるケースで、良く聞くのは腎臓の機能低下です。これは、腎臓と腰からつながる神経が同じルートを共有しているために勘違いする関連痛です。また、腰痛は姿勢も大きな原因になるのですが、レントゲンなどの画像診断で異常が見つからない慢性腰痛は、姿勢不良と、それに伴う筋や関節の機能不全が原因である場合が多いのです。長い時間イスに座りっぱなしも腰痛対策としてはよくありません。20〜30分に一度は立ち上がって、腰を動かす運動をするようにしてください。そして腰痛対策で大切なのは、寝るときの姿勢です。仰向けで寝るときにはひざの下に枕やクッションを入れて寝ると腰への負担が少なくなります。さらに、腰痛対策として忘れてはならないのが、重いものを持つときの持ち上げ方です。腰を曲げて持ち上げるのではなく、必ずしゃがんで持ち上げるものを身体から離れない状態で、脚で持ち上げるようにします。実を言うと、肥満気味の人は減量をすることで腰痛が治ることもあります。肥満気味の場合は、普段から腰にかかる負担が多いので、それを減らしてあげるだけで改善するのです。ストレッチは腰痛対策としても有効ですが、その効果を高めるには「気持ちの良い範囲でゆっくりと伸ばす」ことです。勢いをつけたり、誰かに押してもらってのストレッチはかえって腰を痛めたりすることもありますから注意が必要ですね。ストレスが原因の腰痛対策として、腹式呼吸が有効と言われます。腹筋の強化ができるだけでなく、自律神経が調整される効果も見込めます。


立ち姿勢の重心のかけ方がわるいと内股が痛くなりますよね。内転筋群 ...
腰痛改善ストレッチの藤田の自宅で骨盤ゆがみ矯正★腰痛ストレッチの記事、立ち姿勢の重心のかけ方がわるいと内股が痛くなりますよね。内転筋群体操の画像。です。...


頭痛・腰痛の「患者指導ツール」はコチラ:日経メディカル オンライン
日経DI8月号特集「頭痛と腰痛の患者指導」の中で紹介している患者指導ツールをご紹…...


posted by 腰痛解消 at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛の悩み解消の為に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。