ストレスと腰痛 腰痛と膝の痛みの解消について悩むなら勉強しましょう

2009年08月06日

ストレスと腰痛

腰痛で悩んでいる人って多いですね。現代の生活はどうしても腰に負担がかかることが多いですが、普段の腰痛対策で早めに対処をしておくようにしましょう。腰痛の症状としては、しびれや痛み、ひどい場合は排尿ができなくなることもありますが、腰痛対策をする前に原因が何かをしっかり知っておく必要があります。腰痛の原因のうち、背骨や筋に原因があるものは、運動に伴って起こるものが多く、内臓疾患が原因の場合も、急性の激しい痛みがある場合があります。背骨が原因の腰痛の場合は、脊柱やそれを支える筋肉が異常であることが考えられます。ぎっくり腰もこれに当てはまりますね。痛みの箇所がはっきりしない腰痛の場合は、内臓の疾患が原因の場合があります。症状が続く場合には、専門医で診断治療を受けることが一番です。特に女性は男性に比べると精神的に不安定になりやすいため、それが腰痛の原因になる場合もあります。生理や妊娠、出産、閉経などによりホルモンバランスが崩れることも大きく関係しているのです。特に腰痛に何が悪いかと言ったら、長時間座ってパソコンを操作しているのはかなり腰に負担がかかります。腰が曲がったり、目を画面に近づけるようにしていると頭が前に出るのでバランスが悪くなったり、腰に負担をかけてしまうのです。それから、寝具も腰痛対策としては注意が必要です。あまり柔らかいベッドは腰が落ち込んで背骨が反り過ぎてしまいます。おすすめは畳の上に布団を敷くことですが、ベッドの場合はマットの下に硬い板などを敷くようにすると良いでしょう。さらに、腰痛対策として忘れてはならないのが、重いものを持つときの持ち上げ方です。腰を曲げて持ち上げるのではなく、必ずしゃがんで持ち上げるものを身体から離れない状態で、脚で持ち上げるようにします。また、太り気味の人はダイエットをして体重を減らすだけで腰痛を改善できることも多いのです。肥満は、それだけで腰に負担がかかりますから腰痛の敵といえます。腰痛対策として、ストレッチは大切な習慣です。ただし、ひねるストレッチは急激にやるとかえって体を痛めることがあるので、ゆっくり行なうことが基本です。腹式呼吸を行なうのも有効ですね。心因性のストレスが原因の腰痛の場合、ヨガや腹式呼吸を取り入れてみてはいかがでしょう?自律神経の乱れを改善し、腹腔内圧を高めるので背骨とともに体を支える力になります。


足の冷えと腰痛解消のツボ:胞肓(ほうこう)|たけしの本当は怖い家庭 ...
1件のフィードバックへ"足の冷えと腰痛解消のツボ:胞肓(ほうこう)|たけしの本当は怖い家庭の医学".1|頭痛や目の疲れに効くツボ:風池(ふうち)|たけしの本当は怖い家庭の医学«健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状......


腰痛は<怒り>である:山の本棚:So-net blog
ようこそ山書の森へ!「山の本棚」は山の本を中心に登山の魅力を紹介します。山の話題から日々のあれこれ。...


posted by 腰痛解消 at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛の悩み解消の為に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。